68~70日目_東南アジア1周

写真はカンボジア-タイ国境です。
よく見ると、カンボジアとタイの国旗があります。



カンボジアのプノンペンからバスに乗ること約8時間。
最後の陸路国境も無事に通過し、タイのバンコクに戻って来ました。

約1ヶ月前にここから北へ向かい、ラオス、ベトナム、カンボジアと陸路伝いに周り、無事に戻ってくることができました。
2日間かかったラオスでのボートや、ハノイまでの26時間のバス移動など、何度も飛行機移動に逃げようとしましたが、初志貫徹することができ、本当によかったです。
感無量です!



そして、当初の予定では、これからインドに行く予定だったのですが、予定を変更し行かないことに決めました。
その理由としては以下の通りです。

①慣れた
当初は外国の風景を見ているだけで楽しむことができ、新しい街に行くことをとても新鮮に感じていました。
しかし、何日も旅をしている内に、海外の光景に慣れてしまい、新しい街や国に移動しても何も感じず、むしろ移動することがだんだんと億劫に感じるようになってしまいました。
このような感覚では、純粋に旅を楽しむことはできないと思い、思い切ってインドに行かず日本に帰ることにしました。

②疲れた
安宿やドミトリーに泊まることも、最初は楽しかったのですが、やはり環境はあまり良くないところが多く、しかも日中は移動が多かったため、疲労が完全に取れることなく過ごして行きました。
このような状態でインドに行くのはちょっとこわいなと思い、断念しました。
また、やはり言語の壁は大きく、当初は英語で意思疎通ができたことに対して喜びを感じていたのですが、旅が進むにつれて、逆に英語で伝えることができないもどかしさの方が強く感じるようになってしまいました。そのため、話していてもどうも楽しむことができず、疲労感の方が多くなってしまいました。自分の英語力のなさに反省しつつも、日本語でストレスなくたくさん会話したいので日本に帰ります。

③飽きた
恥ずかしながらこの理由が1番の要因かもしれません。
新しい街に行って、宿を探して、観光スポットを調べて、移動手段を調べて・・・という一連の流れて飽きてしまいました。笑
目的のない旅はもう十分堪能することができました。
次に海外へ行くときは、何らかの目的を明確に持っていきたいと思います。

こんな感じの理由により、18日に日本に帰ります。つまりはホームシックですね!笑
当初の目標でもあった、東南アジア陸路1周は達成することができたので、十分満足です!
それにしても、1ヶ月ちょっとでこんな感覚になるのだから、1年とか旅している方々はいったいどんな感覚なのでしょうか。
心底楽しいと感じているのか、それとも惰性や義務感で続けているのか。
もちろん各々の考えがあるでしょうから、批判するつもりは全くありませんが、私には何カ月も何年も旅し続けることは無理だなと痛感しました。
それがわかっただけでも良い収穫です。



バンコクでは3日程過ごし、昨日マレーシアのクアラルンプールに戻ってきました。飛行機は楽チンです。
これからマラッカへ向かい、その後KLでお土産調達をして日本に帰る予定です。
残りあとわずか、最後まで無事を祈ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。